ホンダ スーパーカブC50を復活させる!! キャブ清掃編




Pocket

ホンダ スーパーカブC50を復活させる!!

企画第2段です。

知り合いからタダで譲ってもらった不動車のカブを復活させていく企画になっています。

第一弾は上の記事になります。良かったら合わせて読んでみてください。

長年放置されたバイクのキャブは当然汚れで使い物にならない状態になっています。

カブ キャブレター

長年放置されたバイクを復活させるときの基本はまず、キャブレターの清掃になると思います。

というわけで今回はホンダスーパーカブのキャブ清掃編です。

ホンダ スーパーカブ キャブレター取り外し

キャブレターの外しはそれほど難しい作業ではないので誰でもできます。

エアクリケース

先ずはエアクリケースをキャブレターから取り外します。

ちなみにエアクリはパワーフィルターに変更する予定なのでこのケースは再利用しません。再利用を考えている方は経年劣化でもろくなっている場合が多いので取り外す際は、破損に注意してください。

次にスロットルワイヤーを取り外します。

スロットルワイヤー

赤丸部を回すことでスロットルワイヤーを鳥外すことができます。

固着している場合はプライヤーを使うといいと思います。

次にチョークケーブルと燃料ホース2本を取り外します。

キャブ

赤丸部がそれぞれチョークケーブルと燃料ホースになります。

これでキャブレターの取り外し準備は完了です。

最後に10mmのボルト2本を取り外します。

上の画像の赤丸部のボルトを取り外すとキャブレターを取り外すことができます。

キャブ取り外した後の画像です。

キャブレターの清掃作業

キャブレターの清掃方法は基本的にどの車種でも大きなちがいはありません。

作業方法に関しては過去の記事に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

ホンダトゥデイのキャブをオーバーホールした時の記事です。

キャブのオーバーホールを行う際はガスケット類を新品に交換しましょう。

カブのキャブレターはいくつか種類があるので、型式などを確認し間違えないように注文しましょう。

大体1000円~2000円位です。

今回のキャブも例のごとくひどい汚れでした。

キャブ 汚れ

画像の様に緑色のワニス上になっていると、汚れの究極形態といえると思います。

こんな頑固な汚れもキャブクリーナー等を使えばしっかりと綺麗に落とすことが出来ますよ。

ここまで汚れているとなかなか清掃しごたえがあります。

ガソリンフィルタ

ちょっと大きめのボルトを外すとガソリンフィルタが付いています。

上の画像の様に錆でびっちり詰まっていました。今回はこのフィルタも新品にします。

こりゃガソリンタンクの錆もすごそうだな。

と思って確認してみると・・・。

タンク サビ

・・・。うん。今回は見なかったことにしましょう。次回はタンクの錆取りします。

↑燃料タンク清掃編。まとめました。

とりあえず清掃が終わったてもくみ上げるのはまだ先ですね。キャブが外れている状態でできる作業を進めていきます。

まとめ

今回はキャブレターの清掃作業を行いました。

ちなみに、カブにもともとついていた、カゴと荷台と前輪のカウルを取り外しました。

カブ

カブ

これだけでもめちゃくちゃかっこいいです。今後バーハン化などに挑戦していきたいと考えています。

どんな感じでカスタムしていこうか妄想が膨らみますが、作業はゆっくり進んでいきます。

とりあえず次回は燃料タンク内のサビ取りに挑戦していこうと思います。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です