パスワードがわからなくなったナビのセキュリティを解除する方法 




Pocket

トヨタ純正ナビのパスワードがわからなくなったときに、セキュリティを解除する方法を紹介します。

トヨタの純正ナビは、取り外されたりしてナビのバックアップ電源がOFFになるとナビにセキュリティがかかる仕組みになってます。

ナビロック画面

セキュリティ解除のためのパスワードは基本的に、ナビの初期設定時に決めているはずです。

このときにパスワードのヒント項目(母親の旧姓、ペットの名前など)も同時に決めいているはずです。

しかし、新車時に設定したものなので結構な確率で忘れてしまいます。

それに中古で買った車両、中古で買ったナビにパスワードが設定されていたらわかるわけないですよね。

いざパスワードの入力画面が表示されると、「そんなのわからんよ!!」ってなるパターンがほとんどです。

それと同時に「え!?これナビ使えないじゃん」って焦りが出てきますよね。

しかし、安心してください

ナビのパスワードを忘れてしまってもセキュリティを解除する方法はちゃんとあります。

専門業者に依頼して解除する方法とディーラーで解除するふたつの方法を紹介します。

ナビのセキュリティを解除する方法 専門業者に依頼する

トヨタ純正ナビはパスワードがわからなくなった場合でも、『解除コード』というものを入力することでロックを解除することができます

ナビロックを解除するための『解除コード』はディーラーで調べてもらうのが一般的ですが、解除コードを発行してくれるサービスがあります。

中古車で買った車でお店も違うし、ディーラーはなんとなく行きにくいって方におすすめです。

↑こちらの記事で、セキュリティ解除コード発行方法を紹介しています。

販売価格も1000円とかなりお手頃です。

解除コードを発行するには、『16桁のERCコード』というものを自分で取得する必要があります。

ERCコードはナビで特殊な操作をすることで簡単に取得することが出来ます。

この動画通りに操作すれば簡単に取得することが出来ます。

また、型式が古いナビなどは動画の方法で画面移行しない場合があります。その場合は上の『セキュリティ解除コード発行方法』の記事で別の方法を紹介していますのでそちらを試してみてください。

このコードはナビごとに異なりますので、解除するナビごとに取得する必要があります。

メールで送信した16桁のERCコードをもとに解除コードが送られてきます。

解除コード入力

8ケタの解除コードを赤い矢印のところに入力し完了をタッチすればナビロックが解除されます。

やってみると意外とすんなり解除出来てあっけにとられます。問題なくちゃんと解除できますよ。

ディーラーに車をもっていく時間がないという人はこういう業者を利用するのもありだと思います。

自己責任で自分でやるかわりにかなり格安で解除できる方法です。

ナビのセキュリティを解除する方法 ディーラーに依頼する

トヨタのナビのセキュリティーはパスワードがわからなくなった場合、トヨタの正規ディーラーに依頼することで解除を行ってくれます。

基本的に新車、中古車、中古ナビなど問わずに解除を行ってくれます。

手間賃は取られますが、2000円~3000円くらいですので、そこまで高くはありません。

ただ注意して頂きたいのは、セキュリティのかかったナビが盗難品だった場合です。

この場合セキュリティの解除はもちろん行ってくれません。

新車時からついている場合は心配いりませんが、中古車や中古ナビを取り付けた場合は少なからず可能性があります。セキュリティがかかったナビが盗品だった場合はそのナビは一生使うことが出来ないと思った方がいいでしょう。

そもそも、そんないわくつきの怪しい物は買わないのが一番です。

しかし、本人が盗難品と知らずに手にしてしまって可能性もあるので注意が必要です。

変なトラブルには巻きこまれたくないですからね。

ディーラーにもっていって解除できるまでにかかる時間は大体30分前後になるかと思います。

バッテリー交換の際にナビセキュリティロックしないようにする方法

ナビセキュリティロックがかかてしまう状況で一番多いのが、バッテリー交換のタイミングではないでしょうか?

車のナビというのは、エンジンがかかっていない状態でもバッテリーからの電源が常に供給されています。

バッテリーを交換すると一時的に車への電源供給が断たれます。車への電源供給が断たれるということはナビへの電源も断たれてしまいます。

するとナビが取り外されたもの(コネクタが抜かれた状態)と認識します。その時に万が一盗難にあった時のためにセキュリティロックがかかるようになっています。

なので、バッテリー交換をする際はバックアップ電源を取りながら行う必要があります。

こちらの記事ではバックアップ電源のとり方について詳しく紹介しているので参考にしてください。

とはいっても、この記事をご覧になている方はすでに、バッテリー交換などをしてナビセキュリティロックがかかってしまい困っている方がほとんどだとは思いますが・・・。

それにナビを他の車に乗せ換える際はどうしてもナビのロックがかかってしまいます。

これからバッテリー交換をする方、次のバッテリー交換の際の参考にしていただければと思います。

バックアップを取りながらバッテリー交換を行うことで、ナビセキュリティロックがかかってしまうのを防ぎます。

ナビのセキュリティを解除する方法 まとめ

ちなみに、ナビのパスワード入力は何回違うパスワードを入れてもナビが使用不可になったりすることはありません。

なのでヒントを元に何度でもトライしてみてください。

ナビのセキュリティを解除するとほとんどの場合、初期設定「Quicksetup」を行う必要があります。

自宅を登録したり、ブルートュースの設定などです。

とはいってもナビの指示通りに行えばだれでも簡単に行えますのでご安心ください。

ナビ乗せ換えましたか?

またこのように「新しい車にのせかえされましたか?」という画面が出てくる場合もありますが、これは載せ換えをされてなければ[いいえ]でOKです。

ナビのパスワードを忘れてしまって焦っている方は、専門業者に依頼する」「ディーラーに依頼するいずれかの方法で解除を行うことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です