アイドリングストップ機能 常時キャンセルする方法 DIYで超簡単作業




Pocket

最近の車に搭載されることが多くなった機能「アイドリングストップ」

確かに燃費が良くなるし地球環境にも優しい機能ですが、再始動時の振動発進時のワンテンポ遅れる感じが嫌だと感じている人も多いかと思います。

アイドリングストップをしないようにするキャンセルボタンはついているけど、エンジン始動のたびに押さなきゃならなくて結構面倒なんですよね。

そんなかたに超簡単なアイドリングストップキャンセル方法を紹介します。

アイドリングキャンセラーなどのパーツや配線作業は一切いりません!

この方法を使えば毎回キャンセルボタンを押す必要もなく、再始動時の振動や発進時のワンテンポ遅れる感じから解放されます。

しかも誰でも超簡単にできてお金もかかりません。所要時間約10秒のDIY整備です!

アイドリングストップのキャンセル方法

・先ずはボンネットを開けます。

次にボンネットロッカー(ボンネットのロックがかかる部分)から伸びている配線のコネクタ見つけます。

写真赤丸部のような感じのコネクタです。2本線です。

  • このコネクタを外します。

 こんな感じです。コネクタに100均のビニールテープを巻いとけば完璧!

・・・これで以上になります!!!超簡単でしょ?

 

アイドリングストップが常時解除されるのはなぜか?

たったこれだけで再始動時の振動や発進時のワンテンポ遅れから解放されます。

今回抜いたコネクタはボンネットの開閉を監視しているコネクタです。

アイドリングストップはボンネットが開いた状態では作動しませんのでそこをついた方法です。

コネクタを抜くことでボンネットが閉まっていても車には開いた状態と判断させることが出来ます。

実際にアイドリングストップが可能な状態になると、下のようなメッセージが表示されアイドリングストップが作動しません。

車に異常が起きたりもしないし、警告灯もつきません。現に私もこの方法を使ってずっと乗っています。

アイドリングストップ機能を使いたい場合はコネクタを戻せばOKです。

アイドリングストップキャンセルのまとめ

今回この方法でキャンセルした車はトヨタの80VOXYです。おそらくトヨタ車ならばこの方法でいけると思います。

他のメーカーでは試したことはありませんが、原理は同じだと思うのでこの方法でキャンセルできる可能性が高いですのでためしてみてください。

この記事を読んでくださった、スバル車で試した方からコメントをいただきました。

スバル車だと、数時間後にアイドリングストップのマークが点滅し始めてしまいうまくいかないみたいです。

他のメーカーの車でこの方法で成功した方はコメント欄で教えていただけると嬉しいです。

アイドリングストップって確かに燃費は伸びますが、実はバッテリーの寿命を縮める原因にもなっています。

アイドリング専用バッテリーについては上の記事で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

アイドリングストップ機能を日頃からオフにすることで、バッテリーの寿命を長持ちさせることにもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です