アイドリングストップ専用バッテリーの違いについて




Pocket

ここ最近の新型車には標準装備されることが多くなったアイドリングストップ機能

そしてアイドリングストップ装着車にはアイドリングストップ専用のバッテリーが装着されています。

しかしそのバッテリーの違いについてはよくわからないという方がほとんどかと思います。今回はアイドリングストップ専用バッテリーの違いについてまとめました。

そもそもアイドリングストップとは?必要性はあるの?

アイドリングストップをさせることによって燃費を良くする。これが一番の目的ですね。

信号まちなどのアイドリング中にエンジンをストップさせることによって、アイドリング中の燃料の消費をゼロにして余分なガソリンの消費を抑えます。

また再始動するときはブレーキペダル離せばを再始動しますので速やかに発進ができるようになっています。

車 燃費

お財布にも環境にもやさしい機能といえます。

今の世の中ガソリンの値段も高騰しており、車を使う人の多くは低燃費思考が強くなっています。このアイドリングストップ機能を搭載することで、簡単にカタログ燃費の数字を上げることが出来てしまいます。

通常エンジンの性能などを改良して燃費を良くしようとすると、膨大な開発コストがかかってきます。アイドリングストップ機能を搭載するだけで、単純に燃費が稼げますので自動車メーカーにとっても都合のよい機能といえるでしょう。

アイドリングストップ機能が必要かどうかと言われれば、使う人の考え方次第なところはあります。

確かに燃費が良くなるのは間違いないですが、その反面、どうしてもバッテリーの寿命は短くなる傾向にあります。

またアイドリングストップから復帰する際の、出だしがワンテンポ遅れる感じが合わないという方もいるかと思います。

ちなみに、アイドリングストップ機能は簡単に停止することが出来ます。

アイドリングストップ機能を停止させたい方は上の記事を参考にしてみてください。

アイドリングストップ専用バッテリーの特徴と性能

アイドリングストップ装着車には専用のバッテリーが装着されています。

それはなぜなのか。

一言でいってしまえばバッテリーに求められる性能が違うからなんです。

通常のバッテリーに対してこの様な違いがあります。

  • 耐久性が高い
  • 蓄電量いが多い
  • バッテリーサイズの表記
  • 通常のバッテリーよりも値段が高い

この中でも耐久性の違い、蓄電量が多いというのが重要な性能になってきます。

アイドリングストップ装着車は非装着車に比べてエンジンをかける回数が圧倒的に多くなります。

バッテリーはエンジンをかけるとき最大のエネルギーを使うのでその回数が多いほど劣化も早くなります。これを防ぐためにアイドリングストップ専用バッテリーは耐久性が高くなっています。

そして何度もエンジンをかけられるように蓄電量を多くできる構造になっているのです。

これを通常のバッテリーでやってしまうと劣化が異常に進みます。通常よりもバッテリーの交換時期が早くなってしまい、最悪エンジンがかからないという状況になってしまうのです。

また、アイドリングストップ専用バッテリーはバッテリーが弱くなってきてから、完全に使えなくなるまでの期間が短い傾向にあります。

今まで通常のバッテリーの車の場合は、エンジンのクランキング音などで、そろそろバッテリーが弱くなってきたなあと感じてからもしばらくは使えてたと思いますが、アイドリングストップ専用のバッテリ―はバッテリーが劣化し始めてから使用不可(エンジン始動不可)になるまでの期間が短くなっています。

通常のバッテリーは緩やかに性能が落ちていのに対して、アイドリングストップ専用のバッテリーはストンと性能が落ちるといった感じです。

アイドリングストップ専用のバッテリーは通常の同程度のサイズのバッテリーと値段を比べると、1.5倍~2倍くらい値段が高くなってしまいます。

通常のバッテリーより高性能に作られている分、値段も高くなってしまいます。

アイドリングストップバッテリー 寿命とサイズ選び

耐久性が高く作られているアイドリングストップ専用バッテリーですが、寿命は通常のバッテリーとそれほどかわりません。

大体3年目くらいから劣化していき、5年目くらいには交換時期となります。

交換する際はバッテリーサイズの表記を確認し、同じサイズのバッテリーと交換する事が重要です。

バッテリーの上の部分に表記してある「S-85」「M-42」「Q-55」などがバッテリーのサイズを表しています。アルファベットがバッテリーのサイズを表しており、数字が容量を表しています。

 

バッテリーのサイズは上面に必ず記載されています。上の画像ならば、見ずらいですが赤丸部のところに『S-85』と記載されています。

『Sー85』のサイズのバッテリーの値段は25000円前後になることが多いかと思います。

バッテリーの性能のところと若干かぶりますが、アイドリングストップ専用バッテリーは、劣化が始まってから使えなくなるまでの期間が短くなっています。

今乗られているお車のバッテリーが3年以上経過していたらば、交換を検討することをおすすめします。

アイドリングストップ専用バッテリーのまとめ

アイドリングストップ装着車にはアイドリングストップ専用バッテリーがなぜ必要なのかご理解いただけましたでしょうか?

アイドリングストップはエコカーブームの現代ではもはや必須といえる機能です。便利な機能を正しく使用するためにもバッテリーのケアをしっかり行いましょう。

またアイドリングストップ専用バッテリーの交換方法は通常のバッテリーと変わりませんので、DIY整備で交換することも可能です。

 カーライフ&DIY 
カーライフ&DIY
https://carlifeanddiy.com/2018/09/20/battery%e2%80%90change/
車好きによる車好きのためのブログ

うえの記事では、バッテリー交換の際の注意点などをまとめていますので、DIYで交換しようと思っている方は参考にしてみてください。

アイドリングストップ装着車にはアイドリングストップ専用バッテリーを必ず使いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です