中古車購入のために身につけておきたい基礎知識




Pocket

この記事では中古車を買う際に知っておいてほしい知識などをまとめています。

中古車を買う際にはローンを組んで購入される方も多いと思いますが、お金の借り入れ方法などもローンを組む前にしっかりと調べておくことをおすすめします。

借り方によって、金利などの返済額に差が出てくるからです。

また、『中古車の上手な選び方』を自動車整備士独自の目線でまとめた記事もあります。

中古車の探し方の参考にしていただければと思います。

主に「マイカーローンの基礎知識」「おすすめの借り入れ方法」「ローン審査を通過するためのコツ」「車を少しでも高く売る方法」をまとめていきます。

これから中古車の購入の購入を考えているかたの手助けになればうれしく思います。

中古車カーローンの基礎知識

「マイカーローンは新車限定のローンなのでは?」と考えている方もいるかもしれません。

ですが、中古自動車を買う際にもマイカーローンを利用する事ができるのでご安心ください。

中古自動車を扱うカーショップで中古車を購入する場合、「そのカーショップと提携している金融企業のマイカーローン」であれば審査が通りやすくなる傾向にあります。

「融資上限金額」は「申し込んだ人の信用情報属性情報」や「その金融企業が設けている審査基準」などに左右されます。

色々な金融企業がマイカーローンを取り扱っていますので、条件が良いところを選択しましょう。

車 悩む お金

そして、「可能な限り金利は低いほうがいい」というのであれば、マイカーローンは銀行のものを選択する事をおすすめします。

ただし、金利が低いぶん審査の難易度が上がる傾向にありますので注意が必要です。

特に「収入」や「勤続年数」等を厳しく見られることになります。

中古車の場合新車に比べると借入金額が低くなる場合が多いわけですが、それでも「中古車であれば必ずマイカーローンの審査をパスできる」という事はないので気を付けてください。

「カーディーラーのマイカーローン」は、金利が高めですが審査が緩いので、銀行のローン審査で落ちてしまったり、信用情報・属性情報などに自信がなかったりする場合に利用するといいと思います。

信用情報のなかでも結構ありがちで厳しく見られるのが、「携帯料金の支払いの遅延」です。

この項目は現在かなり厳し目にみられるそうです。携帯料金も払えない人が車のお金なんて払えるわけ無いだろうと見られてしまいます。

ただ、「特に金融事故歴や、返済遅延歴などはない」という場合、まずは金利が低いとされる銀行のカーローンの審査を受けてみることをおすすめします。

ローンで中古車を購入する際は銀行から借りるのがおすすめ

銀行からの借り入れ方法には車の購入のための「マイカーローン」というタイプのローンがあるのでこれを利用しましょう。

銀行が取り扱うマイカーローンは金利が低い傾向にありますので、中古車を買うケースにもおすすめします。

ただし銀行のカーローンは「審査基準がきつい」という難点があるので注意してください。

また、「申し込み手続きが複雑」という欠点もあります。その上、審査結果が通知されるまで数日かかる場合があります。

ただ、それでも「金利が低い」という利点には何物にも代えられない価値がありますので、まずは銀行のマイカーローンの審査に挑戦することをおすすめします。

また、中古車は新車に比べれば価格が安い場合が多いですから、高額な車両に比べれば審査を通過しやすいと言えます。

万が一、マイカーローンの審査で落とされた場合は、車屋にマイカーローンの話を持ち掛けましょう。

車屋にローンのお願いをすると「このローンを使ってほしいです」と勧められるので、その企業のローンであれば審査が緩くなりますし、手続きも代わりにこなしてもらえます。

ちなみに、ディーラーが管理している中古自動車は車両自体の金額が高い傾向にあります。価格が高い分保証や整備などはしっかりとしているという印象です。

また、現状の自動車を売って、そのお金を中古車(もしくは新車)を買うための足しにするという方もいる方と思います。

その場合はマイカーローンの事だけでなく「高額で自動車を引き取ってくれるショップはどこか」についても調べておくことも大切です。

車を購入する車屋にそのまま下取りにすると、思わぬ安値を付けられてしまうこともあるので注意してください。

この記事の後半でおすすめの車売却方法を紹介していますので、そちらも合わせて参考にしていただければと思います。

中古車購入時のローン審査をパスするためのコツ

ほしい車が見つかっても、ローン審査を通過しなければマイカーローンを組むことはできません。

審査によりローン会社が「この人ならお金を返してくれる」と判断した場合のみ、お金を貸してくれるということですね。

ただ、新車ほど中古車の値段は高くないので、審査基準(収入等)も緩くなる場合が多いです。

ですが「高額な中古車」も当然あります。

例えば、グレードの高い自動車や外国車に関しては、並の新車より高い場合が多いですよね。

結局のところ「中古車か新車か」という点よりも「車の価格がいくらか」が最も重要であると言えます。

それから、雇用形態が正社員なのかどうかというポイントですが、以前は正規雇用者でなければ、たとえ中古自動車の購入のためであってもローンの審査を通過する事はまずありませんでした。

ですが、近年はアルバイト・パートタイマー・派遣社員・契約社員などであっても、ローンを利用できる場合が多いのでご安心ください。

ただし、ローン契約ができる金額が正規雇用者よりも大幅に低かったり、勤続年数を厳格に見られたりするので覚えておきましょう。

契約社員などの方はどうしても正規雇用者よりも審査が厳しくなる傾向にあります。

また、収入が無い場合は当然マイカーローンの審査をパスできません。そもそも収入がなければ車の維持もできませんからね。

しかし「収入がある無職(例えば投資で安定した収入を得ているなど)」「前年度までかなり稼いでいた無職」であれば審査をクリアできることもあります。

ちなみに金融企業のマイカーローンを使う際、「金融企業によって借りられる額が大きく違う」ということはほとんどないようです。

高額で車を売却する方法  中古車オークション「セルカ」

新しく車を買うことが決まり、これまでの車を売却す時、皆さんはどのような方法で手放しますか?

そのまま新しく買った車屋に下取りとして出す方が多いのではないでしょうか。

しかし、下取りで車を手放すと、市場の相場よりだいぶ価格を下げて値段をつけられる場合がほとんどです。

どうせ手放すなら、少しでも高い値段で新しい車の支払いの足しにしたいですよね。

そこで私がおすすめする売却方法が「中古車オークション」を利用する方法です。

中古車オークションって業者じゃなきゃ利用できないんじゃないの?と思われる方もいると思いますが。今は個人の方でもオークションを利用して車を売却できるサービスがあります。

こちらの記事で紹介しているオークション業者『sellca』を実際に使って、車屋に80000円の値段が付けられた、車を150000円で売却することができました。

出品は無料でできますので、気軽に申し込むことができます。

車のお乗り換え以外でも、今所有している車の売却を考えている方は一度試してみてください。

中古車購入の基礎知識

中古車と新車の違いってなんだと思いますか?

中古車って、世界にたった一台の車、それしかない車なんですよね。

そこが新車との大きな違いだと思います。

中古車といえども、安い買い物ではないですよね。

中古車を買った失敗談なんかもよく耳にしたりしますが、購入前の基礎知識をしっかりと身につけることでそういった被害は最小限に抑えられるはずです。

世界にたった一台のあなただけの車に巡り合えるように願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です