手軽で高額な車売却方法 中古車オークション『SellCa』




Pocket

愛車を手放す時、新しい車の下取りに出したり、中古車買い取りに買いとってもらったり、個人売買をしたり。

方法はいろいろあると思いますが一番大事なのは、

『どれだけ高く売れるか』

『手間をかけずに手軽に売れるか』

車を手放す時に最も重要なのはこの2点だと思います。

実際に車を手放す時にどの方法が一番高く、手軽に手放せるのか、私自身の経験をもとに記事にまとめていくので参考にしていただければと思います。

ちなみに実際に売却した車はトヨタのクラウンという車になります。

クラウン

クラウンアスリート。

年式H17年車。

走行距離13500km。

事故歴なし。

車検半年間残りあり

年式こそ新しくないですが、まだまだ人気の高いクラウンです。

この車が一体いくらになると思いますか?皆さんにも予想しながら記事を読み進んでいってもらえればと思います。

愛車を手放す方法とそれぞれの特徴

車を手放す方法はいろいろあるといいましたが、実際にどんな売り方があるのかまとめてみます。

・中古車買い取り専門店に買い取ってもらう

いわゆる大手の、ビッグモーターやガリバーなんかの中古車専門の業者に買い取ってもらう方法ですね。

また、町の車屋なんかで、「どんな状態でも買い取ります」など看板を出しているお店などに引き取ってもらう手もあります。

大手のお店は店舗や、スタッフによってやる気が違ってくると思います。実際に私もある大手の中古車屋に買い取りの査定に行ったのですが、店員のやる気のなさにビックリしました。

車を実際に見ることもなく、奥の方でパソコンをいじって出てきたと思ったら口答で「大体これくらいですねー」と出された金額。約80000円。わざわざ車を持って行ったのに・・・。金額よりも店員の態度にがっかりでした。

もう二度と行くことはないでしょう。

その反面、「どんな状態でも買い取ります」などの看板を上げている町の買い取り業者のようなところは、個人でやっているところも多いので、そちらの方がやる気がある場合もあります。

昔実際におんぼろジムニーを買い取り査定に持って行ったことがありますが、しっかりと査定をし金額を出してくれたので、売却に至った経験があります。

・車の買い取り一括査定などの業者

「複数の業者から一括査定をして一番高いところで売れます」などの広告を誰しも一度は見たことがあると思います。

複数の業者から査定を一括でしてもらい、一番高額な値段で買い取ってもらうようなシステムですね。ネットを使ってほとんどが無料でできる業者ばかりなので、一度は試してみようかなというお手軽感があります。

私もいくつかの一括査定業者に依頼をしました。しかし、どこも似たり寄ったりで大きな金額は正直期待できません。

こういった業者は市場価格を参考にして価格を決めているところが多く、実車の査定などは行いません。

ある業者では、「買い取り価格2万円になります」と電話でいわれ速攻で断りました。

それから、こういった業者に依頼をするといろいろと勧誘の電話がしつこかったりするという話を聞きますが、私はそういったことはありませんでした。

・個人売買

個人売買の最大のメリットとしては、業者を通さないので高く売れる場合があるということです。

インターネットでのフリマアプリや、ヤフオクなどのシステムをうまく使えば、思わぬ高値で売れることもありそうですね。

その代りリスクも伴います。特に車検が残っていてナンバーが付いている車の取引の場合はトラぶるケースも少なくないようです。

少し手間はかかるけどしっかりとリスク管理ができて、少しでも高く売りたい人には向いている売り方ですね。

・代替する車の下取り

新しく車を購入する際の下取り車として引き取ってもらう方法ですね。

新しく車を買う分相場よりを少し高めに値段をつけてくれる場合もあるかもしれません。

期待値は低いですが、一番てっとり早い方法ではあると思います。

 

まあパッと思いつく車の手放し方といえばこんな感じでしょうか。

でも、正直にいって中古車の買い取りって「え、思ってた以上に値段が安い」と思うことがほとんどだと思います。

自分が想像していた金額をはるかに下回る買い取り価格を提示されがっかりすることが多いです。

それもそのはず、中古車っていうのは大体の相場が決まっています。

車種、年式、走行距離、事故歴などの情報により大体の値段が決まってしまいます。

なので、買い取り価格というのは市場に出回っている中古車の販売価格よりは必ず下回ります。

そりゃ、買い取り業者も商売でやっており利益を上げたいですから、相場より高い価格で引き取ることはあり得ませんよね。

実際に私も複数の中古車屋や業者などから買い取りの見積もりをもらいましたが、どれも安くてがっかりでした。

オススメの売却方法 『SellCa』で売却

どの業者でもがっかりの金額しか出てこなかった中、唯一金額に納得して実際に売却に至ったのが

『SellCa』という業者になります。

これは私が本当におすすめできる新しい中古車を手放す方法です。



まだ一括査定で売ろうとしてるの!?【高く売るならセルカ】

この業者簡単に言うと、「中古車買い取りオークション」です。

自分の車をセルカ専属の査定士が査定し点数をつけます。

査定後、出品された車は約6000社の入札業者から値付けをされます。

余計な仲介業者を通さず、しかもオークション形式でうまくいけばいくつかの業者が競って、思わぬ値段が付くことになります。

実際に売却が決まるまで料金は無料で、決まらなかった場合お金はかかりませんので誰でも手軽に始めることができます。

実際に私が『SellCa』で車を売却するまでの流れと感想をまとめていきます。

『SellCa』に依頼してから査定までの流れ

『SellCa』への依頼はネット経由で簡単に行うことが出来ます。

中古車買取オークションのSellCa

↑こちらのリンクからサイトに飛べます。

簡単な車の情報と自分の情報、査定希望日を入力すれば 申し込みは完了です。

次の日早速『SellCa』のスタッフから査定日の打ち合わせの連絡が来ました。

私は、その日のお昼頃にお願いしたかったのですが、昨日の今日でOKしてもらえて早速査定士に来てもらえることになりました。

昨日の今日でいきなり来てもらえるとは、その時点で印象はとてもよかったですね。

その後、査定士から直接連絡が来て自宅まで来ていただけることになりました。

査定の仕方も、かなり本格的な査定でしたね。思っている以上にしっかりとみます。ドアやボンネットを開けながら、主に事故歴があるかないかの状態を良く見ていたようです。

その間私は、書類への記入をお願いされます。車の状態などを記入します。

ここで重要なのが「売り切り価格」を設定する欄です。

この売り切り価格というのは、オークションでこの価格まで値段が付いたときは必ず売りますという数字です。ヤフオクでいうところの最低落札価格といったところでしょうか。

『SellCa』のオークションでつく値段は、車の車体価格のほかに、自動車税、重量税、リサイクル料金などずべてが含まれた金額です。

また、売買が決まった際は手数料として10,800円が落札価格から引かれます

売り切り価格は自分で自由に決めることが出来るので、その辺の諸経費もふまえた金額で設定するようにしましょう。

査定の時間は約30分ほどで終わります。思ってた以上にしっかりとみていかれたので、意外としっかりしているんだなという印象を受けました。

『SellCa』出品までの流れ

査定が終わったその日中に『SellCa』のスタッフから出品の連絡が来ます。

いついつの何時からオークションが開始されますという連絡が来るので、承認しましょう。

オークションはおおよそ1日という短い期間で終わります。その日の10時から始まり17時に終了といった感じです。

その後は電話以外でもLINEで連絡等行うことが出来ます。

また、自分専用のマイページがネットに開設されます。マイページからは現在の価格の確認や、どの業者から入札が入っているかなどが確認できます。

先日査定士に査定してもらった査定表や掲載画像なども確認することが出来ます。

入札が入るごとに登録したメールアドレスにメールが届きます。

オークション終了からの流れ

オークション終了後『SellCa』のスタッフから連絡が来ます。

このとき売り切り価格に達していなかった場合は、『SellCa』のスタッフがバイヤーに値段の交渉をしてくれます。

今回付いた値段は10万3千円ほどでした。

再度自分の希望価格を伝えることで、実際に入札が入った金額よりも5000円ほど多い金額で提示してくれました。

しかし、自分が設定した売り切り価格には到底及ばなかったので、今回の売却は見送ることとしました。

ちなみにここまでで、自分が支払う費用は1円もないのでこのまま終わりにすれば費用などは一切かからないです。

1週間後に再出品

約一週間後に『SellCa』のスタッフから連絡が入りました。

その後車の方はどうなりましたかと。

まだ、売り悩んでした私はそのむねを話、再度出品することにしました。

まあ、どうせまた売り切り価格に達することはないだろう。どうせ出品するだけなら無料だし出してみるかと。

再出品する際は前回の査定結果が使えるので再査定などは一切なくそのまま出品出来ます。

するとなんと今回のオークションでは売り切り価格まで入札が入ったのです。

そんなこんなでこのクラウンは151,580円で売却が決まりました。

全開より高い金額が付いたのは理由としては、タイミングだと思います。

恐らく今回は、この車両が欲しいという業者が複数現れて競ってくれた結果前回より50000円以上値段が上がったものと考えられます。

その時の需要によりこれほど金額に差が出ます。

なので、一回の出品で売り切り価格に達さなかったとしても妥協したりせず、何度か出品をしてみるというのも、車を少しでも高く売るための一つの手だと思いました。

愛車引き渡しの流れ

売却が決まると車を手放すための必要書類などを郵送することになります。

また、車引き渡しの希望日を聞かれます。

『SellCa』から用紙と一緒に書類の書き方などの書類が送られてきます。それに従って用紙に記入し、印鑑証明などの書類などを用意します。

専用のレターパックが送られてくるので、必要書類の画像を一度スマホでアップロードし、『SellCa』のスタッフに間違いや抜けがないことを確認してもらってから郵送します。

書類を準備している間に引き渡し日も決まると思うので、その日にあわせて引き渡しの準備を整えます。

車の引き取りは指定した住所まで業者が引き取りに来てくれます。

入金方法

愛車とお別れを果たすと、後日『SellCa』からあらかじめ希望しておいた口座に金額の入金があります。

入金される金額は、落札価格から手数料の10,800円を引いた金額が振り込まれます。

大体車両引きわたしが完了してから1週間後くらいに振り込まれます。

入金確認後は確認連絡をします。

以上で『SellCaオークション』終了となります。

まとめ

『SellCa』を使って車を手放したことで、どこの業者よりも手軽に高く売ることが出来たので満足しています。

これから少しでも高く車を手放したいと考えている方には本当にお勧めです。

実際に売買が決まるまでは、手数料などは一切かからないので、試しに出品しているのも全然ありだと思います。

車を高く売るなどのうたい文句はどこか嘘くさくて半信半疑でしたが、『SellCa』を使えば思わぬ高値で売れることがあるかもしれませよ。

車を高く売りたい人は使っている【セルカ】
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です