オススメの中敷き ワークマンの神インソール レビュー




Pocket

私は外仕事で、比較的歩く距離が結構多い仕事をしています。

普段仕事ではいている安全靴は会社から支給されたものを使用しているのですが、これがなかなかの安物でまあ足が痛くなるんですよね。

夕方ぐらいになってくると、痛くて歩き方が変になりそれでまたほかの部分が痛くなっての悪循環でした。

ダイソーなどで、安い中敷きをいろいろ試してみたけど、まあ効果はあまりないですよね。

何とかならないかなと思い、ワークマンで中敷きを探したところ、この『IS510 立体構造インソール TC』を発見。

ワークマン 中敷き

これがもう神じゃないかってくらい最!!!中敷きの世界が変わります。

仕事中足の裏が痛くて悩んでいる方など、できるだけ多くの人にこの感動を味わっていただきたいのでレビューをまとめていきます。

ワークマンの神インソールのいいところ

ワークマンのインソール『IS510 立体構造インソール TC』のいいところはまずなんといっても、衝撃の吸収性です。

この中敷きを入れた安全靴はもはやべつものに変わります。

今まで痛くて痛くてどうしようもなかった安全靴の歩行が、別の安全靴にったかの様に痛みが和らぎます。

このワークマンのインソールのかかとの部分には、ジェル系の素材が使用されており、それがハニカム構造のような形状をしております。

インソール

この形がかかとへの衝撃を和らげてくれる最大のポイントですね。

ダンプなどのちょっとした高さから降りるとき衝撃なども本当にびっくりすぐらい和らぎます。

また、インソールの形が3D構造となっていますので、これと相まって自然に足の裏を包み込んでくれます。

ワークマン インソール

中敷きを入れたときのイヤな違和感とかは一切感じないです。

中敷きを使う際にありがちなのが、靴の中で巻きこまれてしまったり靴を脱ぐときに中敷きが外に出てきてしまう現象ですよね。

これが嫌で中敷きを使わないって方も結構いるんじゃないかと思います。

しかし、ワークマンの『IS510 立体構造インソール TC』ならばそのようなわずらわしさも一切ないですね。

この使用感を言葉で説明するならば、その日一日の足の疲れ具合が、半日分に和らぐ感覚と表現すればいいでしょうか。

その日の仕事終わりに足に蓄積された疲労度がまったく違いますね。

これは決して大げさな話ではありません。

価格がめちゃくちゃお手頃

そしてもうひとつのポイントは、これだけパフォーマンスを出しているにも関わらず価格がとても安価というところですね。

お値段税込みで880円です。

この税込み価格ってところが今ではかなりうれしいですよね。

ダイソーなどの100円のものに比べれば確かに値段ははりますが、あんなものこのインソールに比べてしまうと、まさに安物買いの銭失いです。

このお値段で、このパフォーマンスを出せるのは、まさにコスパ最強のインソールといえると思います。

サイズもLL、L、Mの3種類があり、そこから自分でカットすることで細かいサイズまで対応可能です。

先ずは、物は試しという気持ちでひとつ使ってみて下さい。

このインソールを使用すれば、仕事の疲労度が本当に軽減されること間違いなしです。

ワークマン神インソール まとめ

足の裏が痛くて痛くて本当にどうしようもない悩みから、一気解放されましたに。

値段の高いいい安全靴を買おうとすると結構な出費になりますからね。

経費をなるべく抑えて、かつ痛みもしっかり軽減できるものとしてはワークマンの『IS510 立体構造インソール TC』は最強のインソールといえると思います。

値段もお手頃で、どのワークマンでも購入することが出来るので、同じように足の痛みにお悩みの方はぜひお試しください。



workmanのオンラインストアも使えば、わざわざ店舗に行かなくても買い物できるので簡単で便利ですよ。

商品検索窓に『インソール』と入力すれば、一覧にこちらの商品が出てきます。

是非お試しください!足の裏の世界が変わります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です