タイロッドエンドブーツ切れ 修理内容




Pocket

車のステアリングとタイヤをつないでいる部品はたくさんの部品でつながっていますが、一番タイヤに近い部品をタイロッドエンドといいます。

タイロッドエンドはボールジョイントでナックルに結合しています。

ボールジョイントとは人間でいう間接に当たります。車の場合関節は金属と金属になるのでこすれて摩耗しないように、グリースが充填されています。

そのグリースが外に出てしまわないようにゴムのブーツといわれる部品でおおわれています。

このブーツはゴム製品なので、経年劣化や走行距離が多くなってくることで切れてしまうことがあります。タイロッドエンド

画像のタイロッドエンドブーツは切れてしまい、中のグリースが少し飛び出してきています。

このままの状態で走行を続けてしまうと、金属同士が摩耗してボールジョイントにガタが発生してしまいます。

そうなってしまう前に、タイロッドエンドのブーツが切れてしまった場合は、早急に修理を行うことが大切です。

タイロッドエンドブーツ 修理方法

タイロッドエンドのブーツを交換す際に、ボールジョイントの結合を解除する必要があります。

ボールジョイントの結合を解除するには『ボールジョイントプーラー』という特殊な工具が必要となります。

この特殊工具を使うことで、タイロッドエンドのボールジョイントとナックルの結合を解除することが出来ます。

タイロッドプーラー

タイロッドエンドの結合を外ます。

結合が外れたあとは、ブーツを取り外します。

古いグリースは綺麗に拭き取り、新しいブーツの中に、新品のグリースを充てんします。

グリース充填

こんな感じで充填します。グリースの種類はMPグリースなどを使うといいと思います。

新品のブーツをかぶせる際は、専用の工具が一応ありますが、なくてもウォーターポンププライヤーがあれば取り付けることが出来ます。

ブーツ 取り付け

この画像の様に、ブーツのヘリをプライヤーで均等にはさみながら取り付けていきます。

最後にナットをしっかりと締め付け、割ピンのあるものは忘れずに取り付けましょう。

タイロッドエンドブーツ 修理

ボールジョイントのブーツ修理で定番なのが、今回のタイロッドエンドブーツとロアボールジョイントブーツの交換があります。

どちらもブーツの切れを発見したら、早急に修理を行うことが大切です。ガタが出てしまうと、ボールジョイントの交換が必要となり修理費用が高額になってしまいます。

タイロッドブーツの交換の際はロアブーツの交換も同時に行うことが多いです。

こちらの記事ではロアボールジョイントブーツの取り換えについて詳しく説明していますので参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です