中華製 マキタコピーインパクトレンチ 実際に使ってみた感想 レビュー




Pocket

マキタインスパイアの中国製インパクトレンチのレビューをまとめた記事です。

今回紹介する中国製のインパクトレンチはこちらになります。

ネットなどで購入することが出来ます

価格はバッテリー付きでなんと『8980円』という超激安です。

同等性能のマキタのインパクトレンチを買うとなると50000円からしてくるかと思います。

あまりの価格の安さにどうせいつもの中華クオリティなんじゃないかと買うのを迷っている方も多いかと思います。

 

私は実際にこの中国製インパクトレンチを2台購入して使用しています。

実際に使てみての使用感や感想を記事にまとめていきますので、購入を迷っている方の参考になればと思います。

中国製インパクトレンチ 概要等

中国製インパクトレンチの概要等を紹介していきます。

先ずセット内容としては以下の通りです。

・インパクトレンチ本体

・21Vバッテリー

・充電器

・21、22mmのソケット

・ソケットの抜け防止ピン

この内容のものがハードケースに収納されております。

インパクトレンチ

本体の見た目はマキタのインパクトレンチをインスパイアしたとつくりとなっております。

セットになっているソケット二つですが、つくりが粗いためほとんど使い物にはなりません。

ソケットは別途用意した方がいいです。

充電器は以上に軽くて大丈夫かなと心配になるほどですが、しっかりと充電できるので問題なく使用できます。

バッテリーは容量が大きく、充電器の性能もそれほど良くないためか、充電時間はかなり長い時間がかかります。空の状態から満充電まで8時間はみていただいた方がいいかと思います。

バッテリーには21Vと記載されていて、実際に測定したところ20Vくらいは出ていたので、そこそこの電圧が出ているものと思います。

本体へのバッテリーの脱着もスムーズに行う事が出来ました。

インパクト自体のつくりも思っていた以上に良く、グリップなどもしっかりとあしらわれているので、握った感じもしっくりきます。

使うほど手になじんでくるといった感じでしょうか。

 

中華製インパクトレンチ 機能と性能

このインパクトレンチは、トルクを3段階で調整することが出来ます。

右回転の状態にスイッチを合わせて、電源ボタンを押すと3段階でトルクが変更されます。

左回転の状態にスイッチを合わせて電源ボタンをおすと、過回転防止機能みたいなものが使えます。ボルトなどが緩んだ瞬間(トルクが抜けた瞬間)自動的に回転が停止する機能です。

インパクトレンチ

また、バッテリー残量も3段階のLEDで確認できるようになっています。

トリガーは無段階調整と書かれていますが、実際には3段階くらいで、押し込む強さによってスピードを調整できます。

実際に使用してみると3段階の速度調整で十分に感じます。

 

商品の性能の欄に、最大トルク300N・mと記載がありましたが、実際にはそこまでの力は出ないと思われます。

私の実験では、トルクレンチ260N・mの力で締めたボルトナットを緩めることが出来て、280N・mで締めたボルトナットは緩めることが出来ませんでした。

中華製インパクトレンチ 実際に使用した感想

価格の安い中華製インパクトレンチですから全てがパーフェクトというわけにはいきません。

実際に使用した感想を良かった点、悪かった点をそれぞれまとめて紹介していきます。

 

中華製インパクトレンチ 良かった点

何よりもその価格です。

260N・mの力を緩めることが出来る電動のインパクトレンチがこの値段で買えてしまうことが何よりも素晴らしいと思います。

この安さは日本製ではありえないですからね。

これまでリョービ製の14Vのインパクトレンチを使用していたのですが、それでは緩めることのできなかったボルトなども容易に緩めることが出来るようになり、かなり作業効率が上がります。

DIYなどで車のタイヤ脱着に使用する分には全く問題ない性能だといえます。

私は本格的に整備をする方ですが、それでも十分な性能だと感じています。

 

また、バッテリーが大容量なので充電がかなり長持ちします。

バッテリー

使い方によって個人差はあるとも思いますが、私の場合そこそこの頻度で使用してるのですがまだ充電切れを経験したことがないです。

想像以上にかなり電池持ちが良いと思います。

 

中華製インパクトレンチ 悪かった点

悪かった点は、ソケットの脱着がうなくできなかったところです。

2つ購入したうちのひとつがソケットの脱着がうまくできず、差込抜きともにきつくて工具などを使用しないと手だけでは脱着できないような状態でした。

原因は1/2ソケット装着部のつくりにムラがあるためと思われます。

インパクトレンチ

幸い、ソケットの装着部を部品単体で取り寄せることが出来て、交換も簡単にすることが出来たので正常に使用できるようになりました。

部品の取り寄せには、モノタロウや中国ネットショップなどから取り寄せることが出来ます。

レビューなどを見ていると他の方も同じ不具合に悩まされているようでした。

この辺は中華製ならではの当たり外れがあるようですね。

オススメのアタッチメント ソケットアダプター

ここで私のおすすめのアタッチメントを紹介します。

1/2ソケットから6角軸ソケットへ変換できるソケットです。

これを使用することで、インパクトレンチで+ビットやドリルなどをワンタッチで使用することが出来るようなります。

アタッチメント

これがあるだけで、中華製インパクトレンチの使用の幅がかなり広がります。

時には車の整備に、時にはドライバーやドリルとして活躍してくれるようになるのですごく便利です。

これも買ってよかったと思える商品のひとつです。

まとめ

総合的に見てもこの中国製インパクトレンチはかなりお買い得だと思います。

想像していたよりもかなり使えます。

しかし、中華製特有の品質のばらつきが多いのも事実のようです。

その辺の覚悟と対応力のある方にはぜひおすすめしたい商品のひとつです。

 

耐久性に関してはまだ未知数ではありますが、現在3か月ほど使用して今のところ問題なく使えています。

 

やはりコードがないというのはかなり使い勝手がいいです。

DIYで車の整備をする方や、今までホースや電源コード式のものを使っていてバッテリー式のインパクトほしいなと思っているけど、高くてなかなか手が出せないという方のお試し用としてもおすすめです。

かなり満足度の高い商品といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です